持ち家を売る手続きとは?【媒介媒介契約から鍵の引き渡しまで】

持ち家を売る手続きとは?【媒介媒介契約から鍵の引き渡しまで】

持ち家を売る手続き,持ち家,持ち家を高く売る,媒介契約,売買契約,鍵の引き渡し,

持ち家を売る手続き【媒介媒介契約から鍵の引き渡し】

 

持ち家を売る時の手続きにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

持ち家を売る為の媒介契約手続きから鍵の引き渡し手続きまでを、私の実体験を織り交ぜながら解説します。

 

持ち家を売る手順と手続き一覧

 

1、持ち家の売却相場調べて、同時に仲介不動産業者を選ぶ

 

2、不動産業者と媒介契約を結ぶ

 

3、買主の内見開始

 

4、買主が決まり、売買契約を結ぶ

 

5、買主と残金精算と鍵の引き渡し手続き

 

 

1、持ち家の売却相場調べて、同時に仲介不動産業者を選ぶ

 

持ち家を売る手順の一番はじめは、あなたの持ち家が今、いくらで売れそうなのか?売却相場を調べること。そして、どの仲介不動産業者と媒介契約を結ぶのか?という2点です。

 

そしてのこ2点をサッと数分の手続きで解決してくれる方法があります。

 

それは不動産一括査定サイトを利用します。このサイトはあなたの持ち家が今、いくらで売れるのか?そしてどこの不動産業者が一番あなたの持ち家を高く評価してくれるのか?が分かる便利なサイトです。

 

>>入力1分!今すぐ無料一括査定で価格比較する

 

  

 

私も実際こちらのサイトを使って、相場を知り、不動産業者を決めました。こちらのサイトにあなたの持ち家の情報を1回入力するだけで、最大5社からの売薬査定見積もりを集めることが出来るのです。しかも、厳選した登録不動産業者から見積もりが届くので安心です。

 

持ち家の売却査定見積もりが届いたら、その査定金額があなたの持ち家の相場になります。その相場を踏まえて、一番高く評価してくれている不動産業者やあなたの持ち家の最寄りの不動産業者を選んで、実際に家を見に気てもらいましょう。家の査定と共に、その不動産業者の担当と直接話して、どの不動産業者に売却をお願いするか決定します。

 

私も一番高い査定を出してくれた業者や、大手で安心できそうな業者を家に読んで営業担当の相性も含めて不動産業者を選びました。

 

こちらも参考にしてください。
  信頼できる不動産業者を選ぶには

 

2、不動産業者と媒介契約を結ぶ

 

次の手順です。仲介不動業者が決まったら、その仲介不動産業者と媒介契約手続きを結びます。
媒介契約は3つ、その特徴から3つの契約があります。

 

詳しくはこちら記事へ

 

  持ち家を高く売る【媒介契約の違いとは】

 

ちなみに私は専任媒介契約を結びました。やはりきちんと窓口業者を一本化させておいた方が、今後の事を考えると良いとお思います。おすすめは「専任媒介契約」です。

 

3、買主の内見開始

 

いよいよ内見が始まります。買主候補の方の内見ですから緊張します。また、内見は第一印象が大切です。不動産業者の営業担当によっては、「普段どうりで大丈夫ですよ」と言いますが、私はこの内見こそ大事だと思っています。

 

他の記事でも書いていますが、内見に備えてしっかりと準備することがあなた持ち家を高く売ることへの一番の近道と言えます。

 

  持ち家の魅力アップで高く売る方法

 

4、買主が決まり、売買契約を結ぶ

 

いよいよ不動産売買契約手続きです。売主としては実印、印鑑証明、登記事項証明書、本人確認資料等が必要になります。大切な売買契約ですから、必要書類は不動産業者にしっかりと確認しましょう。基本的には媒介契約の時に図面や物件の資料、固定資産税の資料を提出しているはずなので、売買契約手続きの際は上記の持ち物で問題ありません。

 

売買契約手続きは通常、売主側の仲介不動産業者の事務所で行います。私の場合は隣駅の不動産業者だったので非常に便利でした。不動産業者を選ぶ際には、売却の査定金額も重要ですが、あなたの持ち家があるエリアから余り離れていない方がよいでしょう。

 

5、買主と残代金精算と鍵の引き渡し手続き

 

最後に重要な残代金精算と鍵の引き渡し手続きです。残代金とは売主にとっては仲介手数料の支払いです。買主さんからは手付金以外の売買代金を振り込んでもらいます。もし、あなたの持ち家が住宅ローンを利用して銀行が抵当権を付けている場合は、買主さんから頂いた代金をそのまま、銀行に振り込み抵当権抹消の手続きも必要です。

 

このあたりは不動産業者の担当が司法書士の手続きなど準備してくれるので、売主は書面を確認して署名、押印をしていけば滞りなく手続きは完了するはずです。それほど心配する必要はありません。私も緊張しながら、どんどん書類にサインと押印を行った記憶があります。

 

残代金の振り込みがあるので、通常残代金精算と鍵の引き渡しは最寄りの銀行で行う事が多いです。私も銀行の1ブースをお借りして行いました。大きなお金が動く不動産取引ですが、振込なので今一ピンときませんでしたが、いざ鍵を買主さんに渡す際は持ち家を売った実感が湧きました。

 

私の場合は正確にこの日は鍵の本数の確認のみで、引き渡し猶予という期間が1週間あったので、その間に引越しをして、引越し後不動産業者経由で鍵を買主さんにお渡しして、すべての手続きが終了となりました。

 

1000社以上の厳選会社からあなたに合った不動産業者を選ぶ

 

持ち家を高く売る 5つのポイントとは

 

@まず最初にすること【相場を知る】

 

A信頼できる業者を選ぶには

 

B売却スケジュールを立てる

 

C売却価格の考え方

 

D持ち家の魅力アップで高く売る

 

 

◆◆持ち家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る◆◆

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A