【実録】私の持ち家を高く売るまでの体験談〜後編〜

【実録】私の持ち家を高く売るまでの体験談〜後編〜

持ち家,土地,持ち家を高く売る,高く売る,土地を高く売る,家を高く売る方法,体験談

【実録】私の持ち家を高く売るまでの体験談 〜後編〜

 

45日目〜いよいよ持ち家の売買契約〜

 

財閥系仲介不動産業者の事務所で契約となりました。

 

集合予定時間の20分前について私は、待っていました。すると私も緊張感しましたが
買主さんはもっと緊張した表情で来店されました

 

挨拶をして、いよいよ売買契約。契約の持ち物は事前にチェックしていますが、忘れて
ないか不安になります。

 

売買契約に必要なものリスト

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書
  •  

    その他、契約に必要なものは事前に営業担当が取りに来てくれたので、当日は
    上記の3点のみでした。

     

    契約前に準備したその他の書類

    • 付帯設備及び物件状況確認書
    • 重要事項説明書
    • 固定資産税納税通知書
    • 管理規約等
    • マンションの維持管理に関する書類
    • 登記事項証明書
    • 登記識別情報

     

    買主さんに対して、営業担当より重要事項説明が行われるのを一緒に確認して
    いたので、手続きは2時間近くかかりました。

     

    重要事項説明は約10年ぶりに聞いて、「私の持ち家はこの様な家だったのか」と
    いいも勉強になりました。

     

    逆に持ち家を買う時は、何もかも初めてで重要事項は聞いたはずですが、全然
    覚えていません。次の持ち家購入時には意識して、聞いてみようと思いました。

     

    さて、重要事項説明も無事終わり、売買契約書に署名、捺印を終えました。

     

    手付け金が買主さんから、営業担当に渡り、仲介手数料の半金が引かれて、
    封筒に入った現金を受け取りました。

     

    これだけの現金を持つ事は、久しぶりで思わず手に汗をかいてしまいました。
    ただ、この手付金の重みが現実的に感じ、「持ち家が本当に売れたなぁ」と言う、
    実感が湧いてきたのも事実です。

     

    買主さんも終始、緊張した様子でしたが、契約が終わると、お互い笑顔で挨拶
    ができ本当に良い契約だったと心から満足できました。

     

    鍵の引き渡しは、買主さんの住宅ローンの審査次第ですが、約1ケ月後の月末の
    予定となりました。

     

    こうして、私の持ち家の売買契約は完了しました。

     

    「私の持ち家を高く売る」プロジェクトがひと段落を終えて、肩の荷が下りた達成感に
    浸たりたいのは山々でしたが、まだ鍵の引き渡しまでの準備があります。

     

    また、私の場合次の引っ越しは母親の実家がありますが、引っ越しの手配
    をしなければいけません。

     

    50日目〜引っ越し準備を進める〜

     

    緊張した私の持ち家の売買契約から、1週間が経ちましたが、いつもと変わらない日常を
    過ごしていると実感が沸かないものです。

     

    買主さんから頂いた手付金も次の日に銀行に振り込んだので、家に現金もないので
    余計かも知れません。

     

    さて、変わったことと言えば、今日から引っ越しの見積もりを数社家に呼んでいるので、
    少し部屋の荷物を整理しているとことです。

     

    整理と言えば聞こえはいいですが、今までため込んだ要らないもの?ごみ?を選別して
    ビニール袋にどんどん入れる作業です。

     

    まだ、鍵の引き渡しはしていませんが、今のところ「私の持ち家を高く売る」プロジェクトは
    一括査定を利用して成功したので、今回は引っ越しも複数引っ越し業者を読んで
    比較してみようと思います。

     

     

    こちらも不動産の一括査定でも実勢を重視して選定したので、今回も引っ越しの一括見積もり
    の中で実績がある「ズバッと引っ越し比較」に登録してみました。

     

    こちらも最大7社の見積もりが一括で登録できると言う便利なサイトです。今回私は
    千葉から関西までなので、長距離?中距離?になるので、なおさらこの距離強い引っ越し
    業者を探したいと思います。

     

    今回も最大7社とのことでしたが、5社が表示されました。これで見積もりを待つことにします。

     

    前提条件

    行 先 千葉 ⇒  三重県
    間取り 3LDK ⇒ 4LDK
    階数 マンション5階 ⇒ 一戸建て
    エレベーター あり
    自転車 あり・2台
    あり・運搬の必要なし
    その他 植木鉢40鉢あり

     

    一括見積もり依頼5社

    1. 中小の引っ越し業者
    2. A社
    3. A-社  
    4. S社
    5. N社

     

    一括見積もりの結果

     

    インターネットで5社から簡易見積もりが来ました。当然どの引っ越し業者も訪問見積もりを
    勧めてきます。

     

    確かに今回私の引っ越しの荷物には、親の趣味の植木鉢がバルコニーに40個もあるので、
    見積もりに影響してきます。

     

    荷物自体は段ボールで80個?ぐらいには収まると思います。

     

    さて、各社の査定結果は・・・

     

    今回はどの業者も距離と段ボールの数での見積もり査定なので、見積もり価格は差は少なく
    感じました。

     

    各社、ざっと12万円〜18万円ぐらいとのこと。

     

    結局、詳細を説明をする意味もあり、それぞれの営業担当に電話しました。

     

    その結果、訪問見積もりをお願いしたのは、

     

    N社とS社の2社でした。

     

    N社は見積もり金額は高めでしたが、大手で安心感がありました。また、一番最初に返信メール
    をくれたので選びました。

     

    もう1社は一括見積もりで最安値のS社。CM通り、最初から最安値でしたが、さらに勉強して
    くれそうだったので、興味ありました。

     

    数日後、2社に訪問見積もりで家に来て頂きました。

     

    どちらもその場でセンター?本部?に電話して、引っ越し料金を出してくれました。

     

    ◆S社
    先に来たS社はやはり金額が魅力的。間違いなく最安値と思われる破格の98,000円
    なんと10万円を切るとは思いませんでした。

     

    どうやら、私の引っ越し希望日に同じく、関西方面に来られる方がいらっしゃるので、同じ車両
    に同時に関東から積んで、関西に運べるとのこと。他の方の荷物と一緒に運ぶことにさえ納得
    できれば、一気に価格で勝負!と営業マンも自信満々でした。

     

    ◆N社
    もう1社は大手のN社。安心と信頼性、長距離なので万が一の破損や事故の補償を前面に
    営業担当がアピールしてきました。今回植木が多いので通常の荷物量に対して、一回り大きい
    トラックで運ぶため、金額はそこまでは安くできないとのこと。
    トラックは私専用で、他の荷物が詰まれる事はないことを確認しました。

     

    また、料金の安いところは、途中でトラックの交換があったりするので、家具などを一度出して
    また積み直したりするので、家具にとっても良くないとのことでした。

     

    その点、N社は1車両で同じドライバーが責任をもって、入居先まで運んでくれるとのこと
    でした。
    最終提示価格は12万5000円。時期的なこともあり、もう決めないと希望の予約が難しい
    とのこと。

     

    金額か、安心感か・・。今回、近場での引っ越しであれば価格重視ですぐにでもS社に決めて
    いたと思います。

     

    しかし、関東から関西と長距離なので、優先したのは「安心感とお保証」そして営業担当の
    誠意でした。

     

    金額は2万円以上ありましたが、引っ越した後に万が一壊れたものがあった場合に、責任を
    持って対応してくれるかどうかが、一番のポイントとなりました。

     

    持ち家を売った際も、信頼できる営業担当にお願いして、本当に良かったので、今回の
    引っ越し見積もりでも、フィーリングの合ったN社の営業担当にお願いすることにしました。

     

    さて、引っ越し業者も決まり、持ち家の鍵の引き渡しまであと一息です。

     

     

    朗報

     

    営業担当から連絡が入りました。無事に買主さんの住宅ローンの承認が下りたとのこと。
    これで資金面でも心配がなくなり、鍵の引き渡しに向けて順調に準備が進んでいるとの
    事でした。

     

    正直私は色々な手続きがあり、先方の住宅ローンのことは忘れていましたが、確かに
    契約書に買主さんの住宅ローンがもし、万が一承認が下りなければ、契約自体
    が解除されるとの説明を受けていました。

     

    買主さんも当初の予算を500万円以上増やして住宅ローンの審査をしたので、営業担当も
    数字的にギリギリだけれども、概ね大丈夫と言っていました。その言い方してもしや・・・と
    当初は少し不安だったので、実際に承認が出ると精神的に落ち着くものです。

     

    さて、着々と引っ越しの準備を進めます。鍵の引き渡しは2週間後です。

     

    60日目〜いよいよ鍵の引き渡し〜

     

    いよいよ鍵の引き渡しの当日となりました。

     

    手続きの場所は持ち家の最寄り駅前の銀行に集合となりました。

     

    営業担当に聞くと、当日は司法書士と買い主さん、そして私の3者が銀行の一室を借りて
    手続きするとのことでした。

     

    売り主である私の持ち物は以下の2点でした。

     

    1. 身分証明書
    2. 実印

     

    今日で権利(登記)上では、私の持ち家は買主さん名義になるのですが、私の引っ越しは
    2日後なのです。

     

    営業担当に教わりましたが、これから1週間が「引き渡し猶予」という期間なのです。
    残金決済を済ませたあとも、実際に私の家の鍵は渡さずに、「契約時に決めた一定期間は
    売主がそのまま住み続けられる特別な期間」とのこと。

     

    売り主はお金を買主さんから頂きますが、鍵は引き渡し猶予の間に、引越し、その後営業担当
    に渡すことになりました。

     

    なんだか不思議な期間ですが、売り主にとっては残金を頂いた後に次の家のお金が必要な
    場合や引っ越しをする貴重な期間です。

     

    私の場合も引っ越しが遠方の為、部屋の最終のチェックや、掃除をしたかったので、非常に
    助かりました。

     

    こう言った中古不動産売買の特性も初めてで勉強になります。都度、営業担当が分かりやすく
    教えてくれるので助かります。

     

    私のマンションを売り渡した後も、困りごとがあれば営業担当に聞こうと思います。

     

    さて、時間になると銀行にて残金決済手続きが始まりました。

     

    そして1時間程着金の確認にかかりましたが、私の口座に残金が入り、無事残金決済手続き
    が完了しました。私はひたすら待つ側でしたが、買主さんは振り込み伝票や司法書士とのやり
    取りでいくつも書類を書いていました。

     

    こうして私の濃密な60日間に及ぶ「持ち家を高く売る」プロジェクトは大成功でした。

     

    思えば家庭の事情で急きょ持ち家を売ることになり、試行錯誤でより高く売る方法を考え
    実践してきました。

     

    このサイトの記事の中で紹介しています。トップページからカテゴリー別で必要なところを
    ご覧ください。

     

    持ち家を高く売るためのガイダンス トップページ

     

    また、一番の勝因はやはり「不動産一括査定」サイトの利用だと確信しています。

     

    1000社以上の厳選会社からあなたに合った不動産業者を選ぶ

     

    不動産という大きな資産を売却するにあたって、営業担当といかにコミュニケーションを取るか、
    そして「パートナーとして持ち家を高くるために相談できるか」が重要でした。

     

    この大事な選択、決断をする為に1社ではなく複数の不動産業者から見積もりを取り、査定金額
    の比較はもちろん重要ですし、営業担当の比較をさせて頂きました。後悔しないためにも比較検討
    は大切です。

     

    これから持ち家を売る方には、ぜひ不動産の一括査定サイトを利用して不動産業者、営業担当を
    選ぶことから始め、このサイトで「持ち家を高く売る方法」、実践ノウハウを実施して、私のように
    「持ち家を高く売る」事を成功させてください。

     

    また、最後になりますが不動産売却の際は税金も考えなくてはいけません。私もお陰様で持ち家が
    高く売れたので、来年の確定申告では3,000万円控除を利用する予定です。

     

    そのような税金関係もまとめていますのでぜひ参考にしてください。

     

    持ち家を売る税金【3,000円控除の特例】

     

     

    持ち家を高く売る方法【最初のステップ】

     

    一括見積もりサイトを利用すれば複数の不動産仲介業者への問い合わせを簡単でスピー
    ディーに行うことができ、高額査定を出す不動産業者から最大6社分も査定を結果を取寄
    せることができます。

     

    >>入力1分!今すぐ無料一括査定で価格比較する

     

     

    不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

     

     

    1000社以上の厳選会社からあなたに合った不動産業者を選ぶ

     

     

    持ち家を高く売る 5つのポイントとは

     

    @まず最初にすること【相場を知る】

     

    A信頼できる業者を選ぶには

     

    B売却スケジュールを立てる

     

    C売却価格の考え方

     

    D持ち家の魅力アップで高く売る

     

     

    ◆◆持ち家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る◆◆



    ホーム RSS購読 サイトマップ
    トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A