持ち家を売る時期はいつがいい?

持ち家を売る時期はいつがいい?

持ち家,持ち家を高く売る,持ち家を売る時期,持ち家を売るいつ,

持ち家を売る時期はいつがいい !?

 

あなたの持ち家を売る計画があるのであれば、@売る金額、A売る時期に注意することが重要です。

 

持ち家を売る時には、もちろん1円でも高く売りたいと願うことは当然ですが、実は「売る時期」が売る金額と非常に綿密な関係にあります。
やはり持ち家を高く売る為には、よりたくさんの買主が探している、中古不動産市況が賑わう時期がよいでしょう。具体的には1月下旬〜3月中旬。そして11月上旬から12月中旬という時期が2大繁忙期です。

 

1月下旬〜3月中旬

 

1月下旬〜3月中旬は子供の入学、新学期、もしくは転勤、就職と日本の会社の人事異動のピークなので、この時期の不動産市場は毎年にぎわうこと間違いありません。持ち家を売る時期を調整できるのであれば、この時期に売り出す事でより多くの買主候補にアプローチでき、その結果持ち家をより高く、早く売ることができるでしょう。

 

11月上旬〜12月中旬

 

次に候補となるのが、11月上旬〜12月中旬です。新しい年は新居で!というように新年を区切りとして年内に新しい住まいを購入、転居、入居する方が多いです。また、本来は春に引越し予定でも、税制の区切りも12月31日であることが多いので、引き渡しを年末に希望する方も一定層います。

 

以上2つのタイミングが持ち家を売るベストなタイミングを探ってみ結果です。

 

またあなたのライフプランとして持ち家を売るのはいつがいいか?という違う視点で考えてみましょう。

 

ライフプランの視点からの売り時とは?

 

子供のタイミング(1月〜3月)

 

あなたの家族構成にもよりますが、再程の不動産市場がにぎわう1月下旬〜3月中旬はお子様がいらっしゃればベストなタイミングと言えるでしょう。幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と、次々訪れる節目の時期がありますが、1月下旬〜3月中旬は子供にとっても一番引越しやすい時期でしょう。

 

35歳まで説!?住宅ローンを借りる

 

あなたの年齢から持ち家の売り時を見てみましょう。年齢としては35歳までに住み替えを決断し、持ち家を売るのも良いでしょう。その理由は次の新居も持ち家で住宅ローンを利用する場合は、最長の35年返済でローンを組む為には35歳が一つの節目です。いわゆる35歳説です。

 

50歳まで説!?ワイド団信

 

また、もう1つ住宅ローン関係で節目となる年齢があります。それば50歳です。こちらも住宅ローンの生命保険審査において、持病や手術歴があっても審査が比較的緩い団体信用生命保険であるワイド団信に入れるギリギリの年齢です。多くの銀行は50歳未満という条件が多いので、厳密には49歳までに新たな住宅ローンを組むと購入する物件の選択肢が広がります。次の新居で住宅ローンを考えていて、過去3年以内に病歴がある方は要チェックです。意外と知られていませんが、住宅ローンは年収等の収入審査のほかに生命保険に入れるかどうかの審査もあるのです。

 

いかがででしょうか。あなたの持ち家を売る時期が選べるのであれば、1月〜3月がやはり良さそうです。ただし、2つの例を挙げましたが、あなたのライフプランも含めてあなたの持ち家の売却時期を具体的に考えてみてはいかがでしょうか。

 

持ち家売却の最初に一歩。不動産一括査定はこちら
 ↓ ↓ ↓
 >>入力1分!今すぐ無料一括査定で価格比較する

 

仲介不動産業者を探す

 

1000社以上の厳選会社からあなたに合った不動産業者を選ぶ

 

持ち家を高く売る 5つのポイントとは

 

@まず最初にすること【相場を知る】

 

A信頼できる業者を選ぶには

 

B売却スケジュールを立てる

 

C売却価格の考え方

 

D持ち家の魅力アップで高く売る

 

 

◆◆持ち家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る◆◆



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A