持ち家を高く売る。不動産業者を売却途中で替えられる?

持ち家の売却活動中に不動産業者を替えられる?

不動産,持ち家,高く売る,不動産業者,媒介契約,途中で替える,

持ち家を売却活動中に不動産業者を替えられる?

 

持ち家を売却する時に選ぶ仲介不動産業者は、ネット上の一括見積もりを利用するなどして、
いくつかの不動産業者の査定金額、営業担当、会社対応を比較、検討し慎重に選びます。

 

そして基本的には1社を選び、その業者と不動産媒介契約を結び、持ち家の売却活動が
始まります。

 

しかし売却活動の途中で契約している仲介不動産業者よりも、仲介手数料、費用面や
会社対応を比べて、メリットの大きい業者を見つけることがあります。

 

メリットが魅力で売却活動途中で不動産業者を切り替えたいと考える人もいるでしょう。
そのような時にいきなり不動産業者を替えられるのでしょうか。

 

また、今までお世話になってきた不動産業者に対して、何も言わずに契約先を替えて問題ない
だろうか?と疑問が生じます。

 

結論から言うと、その仲介不動産業者との契約内容によって対応が変わってきます。
一般媒介契約であれば、すぐに他の不動産業者とも新しく媒介契約を結ぶ事ができます。

 

媒介契約の種類を確認

 

あなたが不動産仲介業者と結んでいる契約が一般媒介契約であれば同時に複数の会社と
契約しても支障はありません。

 

一方で専任(専属専任)媒介契約の場合は契約期間中は他の不動産業者と媒介契約を
結ぶことはできない決まりがあります。

 

専任(専属専任)媒介契約を結んでいる状態でメリットの大きい不動産業者を見つけてしまった
場合の対処法としては、媒介契約の期間切れを狙う方法があります。

 

専任媒介契約は最長で3か月と決められています。もちろん双方の合意のもと更新も可能
ですが、更新が行われる前のタイミングで契約を破棄する事を仲介不動産業者に申し出て、
契約更新をせずに、契約期間満了により終了することができます。

 

媒介契約の内容を再チェック

 

ただ中には媒介契約期間内であっても、早急に別の不動産業者に変更したいケースも
あるでしょう。

 

そのような場合は最終手段として、媒介契約を途中解約する方法も存在します。 ただし、
この途中解約に関しては、不動産業者との契約内容によって違約が発生することがあるので、
注意が必要です。

 

特にデメリットもなく双方の合意があり、途中解約ができる契約書の不動産業者もあれば、
残念ながら違約金を求められたり、物件を売るために使った広告費やその他の費用を請求
してくる業者も存在します。

 

そのためにも、まずあなたが結んだ不動産媒介契約書を確認し、もう一度契約解除時の
注意事項の見直しが必要
です。

 

トラブルを避けるには

 

こういった媒介契約の内容についてトラブルに巻き込まれないようにするためにも、まず最初の
段階で信頼できる不動産仲介業者を選ぶのが適切です。
不動産一括見積もりは全国対応、登録不動産業者を厳選しているので信頼できます。

 

また、こちらのサイトでは万が一登録不動産業者とトラブルが発生した場合でも相談窓口が
あるので安心
できます。このように、さまざまなメリットがある不動産一括見積もりの利用が
オススメです。

 

持ち家を高く売る方法〜最初のステップ〜

 

 →1000社以上の厳選会社からあなたに合った仲介不動産業者を選ぶ

 

 

 →あなたの不動産、今いくら?無料の一括見積もりで最高価格を知ろう!

 

 

 

5つのポイントとは

 

@まず最初にすること【相場を知る】

 

A信頼できる業者を選ぶには

 

B売却スケジュールを立てる

 

C売却価格の考え方

 

D持ち家の魅力アップで高く売る

 

 

持ち家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A