持ち家を売るメリット【意外なメリットとは!?】

家を売るメリットとは【貸すより売る方がよい!?】

持ち家,売る,持ち家を売る,持ち家を売るメリット,売却,メリット,デメリット

家を売るメリット

 

せっかく買った家を何らかの理由で手放さなくてはいけない時、思い切って「売る」か、
それとも一時的に「貸す」か悩むところです。

 

今回は家を「売る」メリット、そしてデメリットをまとめてみました。やはり、メリット
だけではなく、デメリットも確認
した上であなたに合った判断をする目安にしてください。

 

まず、家を「売る」ことの最大のメリットとも言えるのが不動産を「現金化」する
ことです。

 

家という「不動産」である資産を「現金」に換えることで、流動性がアップし使用使途が
広がります。厳密には家を担保に入れてお金を借りることもできますが、売却して現金化
できればお金として、すぐに使うことが出来るメリットは大きいと言えるでしょう。

 

また、家を「売る」際には売るタイミングが重要です。家の現在の資産価値次第では
当初の物件購入の価値も上昇し、高値で売れ売却益を手にする事ができるチャンスもあります。
これも家を「売る」醍醐味とも言えます。

 

通常家を購入すると、新車と同じように買った瞬間に「中古」になると言われています。
たしかに建物部分は年々減価償却されていき築年数が経過するほど帳簿上の資産価値は
減り続けます。

 

しかし、不動産は中古市場の需要と供給で成り立っているので、周辺相場、日本の株式相場
など景気、経済と綿密に関係しており、不動産の価値は流動的です。売るタイミング、家
の立地条件によっては、購入時より高く売れて売却益を得られる可能性もあります。

 

 

>>入力1分!今すぐ無料一括査定で価格比較する

 

  

 

 

さらに家を「売る」事のメリットとして今まで掛かっていた住宅の維持費(固定資産税、
都市計画税)やマンションであれば管理費が不要になる
ことです。

 

実際に今でも家に暮らしているのならまだしも、すでに新居に引っ越し済みで、昔の家が
空き家状態になっている場合は、家はたちまち維持費が掛かる金食い虫になってしまいます。

 

そのような意味でも、思い切って家を売却することで、維持費という金銭的な負担を解消
できることも大きなメリットと言えます。

 

家を売るデメリット

 

一方、家を売るデメリットは不動産という大きな資産、そして安定的に過ごせる住まい
一時的に失うことによる精神的な不安があります。

 

もちろん家を売却し、次の住まいを購入すればこちらは解決できます。しかし家を
売却し、今後は賃貸住宅に住むとなると上記のデメリットが表面化してきます。

 

また、家を売るデメリットとして時間と労力がかかることも挙げられます。

 

家を売る時は、不動産業者と媒介契約を結び、中古住宅市場で買主さんを探すので、次の
買主さんの案内の度に立ち合うなど、なかなか買い手が見つからない時は時間と労力が掛かる
事がデメリットと言えます。

 

また、家を売るには資産を現金化できるという最大のメリットがあると同時に、取引金額が
大きいために失敗した時に生じる金銭的なリスクもある為、しっかりとした事前準備も必要に
なります。

 

次のステージへ

 

このように家を売るにはもちろんデメリットもありますが、基本的にはメリットの方が
大きく
、売却で損をしない為にも、家を高く売る5つのポイントをよく確認、実践し
あなたの家をより高く売ることを成功させましょう。

 

家を高く売る 最初のステップ

 

 

>>入力1分!今すぐ無料一括査定で価格比較する

 

 

  

 

 

家を高く売る 5つのポイントとは

 

@まず最初にすること【相場を知る】

 

A信頼できる業者を選ぶには

 

B売却スケジュールを立てる

 

C売却価格の考え方

 

D家の魅力アップで高く売る

 

 

◆◆家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る◆◆



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A