持ち家を貸すメリットとは?

持ち家を「貸す」メリットとは【持ち家を売るor貸すの判断】

持ち家を売る貸す,持ち家,貸す,高く売る,賃貸,メリット,デメリット,

持ち家を貸すメリット!

 

持ち家を「貸す」メリットは継続的に家賃収入を得られることです。

 

入居者がいればずっと家賃収入がありますから精神的な安心感に繋がり、住宅ローンの返済
に充てたりできるメリットがあります。

 

また賃貸物件を担保にして銀行から融資を受けられるというのも持ち家を「貸す」メリットの
1つです。
不動産は資産として扱われますので大きなお金が必要になった時にも担保価値がある資産
として頼れる存在にでもあります。

 

それに対いて持ち家を「売る」メリットは1度に大きな現金を得られる可能性があることです。
資産価値のある物件ともなれば何百万円、何千万円という金額で売れることもあり
大きな収入になります。

 

そして住宅ローンが残っている場合の返済に充てたり、大きな買い物をする時などの資金
として使用でき、そうした幅広い用途に使えるのは現金化の大きなメリットと言えるでしょう。

 

持ち家を「売る」デメリットはタイミングを誤ってしまうと損をすることです。
地価が上がることもありますから適正なタイミングで売らないと後々に売った時よりも損を
してしまう可能性があります。

 

持ち家を貸すデメリット

 

持ち家を「貸す」デメリットは、そもそもの入居者が必ず見つかるとも限らないことです。
賃貸運営には必ず空室リスクがありますから、賃貸として貸し出していても確実な収入には
繋がらないこともあります。

 

また持ち家を「貸す」場合に物件の築年数が新しい時は良いですが、古かったり空室が続く場合
などは大家はリフォームをしてから入居者募集の対策をすることも必要になってきます。
リフォームする際、状況によっては多額の費用がかかる可能性があることもデメリットと言える
でしょう。

 

また、持ち家をいくらリフォームをしても必ず入居者が入る保証もありませんので、収入と支出を計算し
勝算を考える賃貸経営力も求められます。

 

持ち家を「貸す」か、「売る」方がいいのか

 

つまり持ち家を「貸す」のか、「売る」方が良いのかはそれぞれの収支シュミレーションが
必要になってきます。

 

持ち家を売る時にかかる費用はこちら

 

また、売らずに「貸す」場合は、住宅ローンの支払いや固定資産税などのランニングコストも忘れずに
算出しておきましょう。

 

持ち家を「貸す」か、「売る」方がいいのか?この答えを出すためにも、まずは持ち家がいくらで
売れるのか
を知っておく必要があります。そしてその査定金額を踏まえて持ち家を「売る」か、
「貸す」べきかを判断しましょう。

 

あなたの不動産、今いくら?無料の一括見積もりで最高価格を知ろう!

 

 

ちなみに持ち家を貸した時の賃料査定も、一括見積をお願いした不動産業者に相談する
ことも1つです。

 

1000社以上の厳選会社からあなたに合った仲介不動産業者を選ぶ

 

 

  

 

 

持ち家を高く売る 5つのポイントとは

 

@まず最初にすること【相場を知る】

 

A信頼できる業者を選ぶには

 

B売却スケジュールを立てる

 

C売却価格の考え方

 

D持ち家の魅力アップで高く売る

 

 

◆◆持ち家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る◆◆



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A