持ち家を高く売る。不動産の動く時期とは?

不動産の動く時期とは?【家を売却する時は時期が重要】

不動産,持ち家,高く売る,動く時期,売却計画,タイミング,

不動産の動く時期とは?

 

一般的に不動産の取引において売買物件、賃貸物件共に春先2月、3月が一番動く時期と言われています。...

 

その背景として、日本では全国的に一般企業の新年度に合わせた人事異動により、引っ越しを伴う転勤がこの時期に多く行われるからです。.

 

また、子供の学校の新学期に合わせて春先の季節の良いシーズンには、心機一転で家を引っ越すケースも多く、不動産の売買、賃貸の需要が高まり、不動産が一番動く時期だと言えます。.

 

したがって、春に引っ越す方達に向けて、それより少し早い時期が、不動産が最も動く時期、つまり中古不動産が売りやすいタイミングとなります。..

 

 

不動産を高く売るためには. !!

 

所有不動産を高く売る為には、まず多くの検討顧客を集めることが1番重要です。.

 

多くの検討顧客を集めて、同じ時期に競合させることで買主側も.購入意欲が駆り立てられて、より早く、そして高く買って頂ける決断を買主がしやすくなるからです。.

 

その為にはまず、売却物件の魅力を伝える広告にも力を入れます。.

 

 

広告を出す時期は早すぎても遅すぎてもいけません。

 

年明けのお正月が終わったタイミングから、広告等を出すことで、一番不動産売買市場が活発になる少し前からアピールでき広告の効果も高まります。

 

広告イメージと不動産の動く時期

 

不動産を売る際は信頼出来る不動産業者に相談をし、広告を出して、持ち家の売却活動を進めていきます。

 

またその際に、持ち家であれば自分の住んできた家の良さをうまくアピールすることも大切ですよ。

 

不動産仲介業者にその内容を伝えることで、住んでみたいと思わせるような広告がすぐに出来上がります。.

 

 

たとえば、築浅物件であるとか、日当たりが良好であるとか、最寄り駅に近く、毎日の通勤や通学に便利など、その持ち家の良さをアピールしておきます。 .

 

家、マンションを探している人達は、広告等から浮かび上がるイメージで、見に行ってみたいと思えるような物件をピックアップしています。.

 

物件が魅力的な印象になるよう、住んでいて良かったことをよく思い出しながらアピールをします。 .

 

 

不動産の動く時期とは!?まとめ.

 

つまり不動産を高く売るためには、不動産市況が活発で不動産の動く2月、3月を目指して年明け1月から広告を出し、購入検討者集めてアピールすることで、検討者が競合してより良い売却条件を引き出しやすくなります。.

 

また、最近では海外からの転勤の受け入れも増えて来たので 8月、9月、そして年末の12月も春についで、不動産が動きやすい時期となっています。.

 

最初のステップ

 

あなたの不動産、今いくら?.無料の一括見積もりで最高価格を知ろう!

 

 

5つのポイントとは!

 

@まず最初にすること【相場を知る】

 

A信頼できる業者を選ぶには

 

B売却スケジュールを立てる

 

C売却価格の考え方

 

D持ち家の魅力アップで高く売る

 

 

持ち家を高く売るためのガイダンス トップページへ戻る

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 5つのポイント 【実録】私の体験談 持ち家売却の口コミ 売却の基礎知識 売却Q&A